人間の仕事を奪うAI時代の到来とエンジニアの未来【待遇や給与は?】

2017年、Googleが開発した囲碁AI「アルファ碁」が人類最強棋士に勝利しました。

そうした事実を受け、近い将来AI(人工知能)時代が到来しAIが人間の仕事を奪うと言われています。

するとIT業界はオワコンになり、エンジニアやプログラマの仕事はなくなるのではないか、といったことが噂されるようになりました。

こういった状況の中で実際にはどうなのかといったことをIT業界の最前線で働いている私がお教えします。

本記事を読むとわかること
AIはエンジニアの仕事を奪うというが本当なのか?

この記事を書いている私はIT業界で正社員として働きながら副業でフリーランスとしても働いています。

AI時代にエンジニアの仕事はなくならない

最初に断言してしまいますが、AI時代が到来してもエンジニアの仕事はなくなりません。

IT業界の特徴としてどの案件においても正解がないことがあります。

これは企業向け個人向けに限らず最終的な成果物は明確に定まらないということを意味しています。

1つ面白い風刺画を紹介しましょう。

これは「顧客が本当に必要だったもの」という風刺画なのですが、「顧客が説明した要件」と「プロジェクトリーダの理解」「顧客が本当に必要だった物」が微妙に異なっていることを表しています。

簡単に言ってしまえば「顧客が欲しい言っているもの」と「顧客が本当に必要としているもの」は違うということですね。

これはエンタープライズと呼ばれる大企業の開発プロジェクトでも頻繁に起きることで、ここがAIには対応ができない領域となっています。

正解を求めるプログラミングは不要

このように正解がないものを開発するのがIT業界の常となります。

そして、既に正解を求めるプログラミングは必要とされていません。

例えば「素数を求めるプログラム」は既にいくらでもありますが、もう素数を求める方法は自動化されているのでどれだけ書いても無価値ということなんですね。

要するにIT業界では「人間がやらない方が良い作業」というのははるか昔から自動化されてきているわけです。

純粋なプログラミングではないですが、Excelの書類などで「数字チェック」や「合算」などの仕組みが入ったものを見たことがある人は多いでしょう。

これは人間が作業すると間違いが起こるため自動でやらせようとしている仕組みで、このようなことはAI時代が到来するずっと以前から当たり前に存在することなんですね。

AI時代でも淘汰されないエンジニアとは

ただ、残念ながらAI時代でも淘汰されてしまうエンジニアは存在します。

それは既にあるソースコードをコピペ(コピー&ペースト)で改変するだけで仕事をしているような本当の意味での仕事をしていないエンジニアのことです。

このような既にあるものの改変はAIができるようになってしまうからです。

では、AI時代で淘汰されないエンジニアはどんなエンジニアなのかというと、先ほどもあったように「顧客に本当に必要なもの」を考えられるエンジニアです。

実は人間の感情や心理というのはAIで再現することはできていないんですね。

最初に話を出した囲碁のAIも純粋な意味では思考しているわけではありません。

過去の人間が残した膨大な棋譜から統計的に最善手がどれなのか、どういった結果にたどり着く可能性が高いか、といったような見分け方をしているのに過ぎないのです。

ですから、過去に事例がないようなシステムの開発においてAIは最適な答えを導き出すことができないんですね。

エンジニアに向き不向きはない

エンジニアはAIに置き換えられることがないことが分かったところで、向き不向きの話をしましょう。

人によってエンジニアに向いている向いていないがあるかないか、というのは昔からかなり議論されてきたことでもあります。

では、エンジニアに向いている向いていないというのはどう見分ければ良いのでしょうか?

先ほどから話があがっているようにシステムを開発するとしても「答えがない」のが常です。

ということは、エンジニアには何もないところから最善の答えを推測する力が必要なのは言うまでもありません。

こうした話をすると推測したりすることが苦手な人たちは「私はエンジニアに向いてなさそう」と感じるようです。

しかし、そんな気持ちを持つ必要はありません。

何故かと言えば人間は誰だって推測する能力を持っているからです。

ルーチンのような代わり映えのない仕事を繰り返していると推測すること自体が少なくなるのでそういった力の使い方を忘れてしまうようになります。

でも考えてみてください。

あなたはレゴブロックを組み立てられないでしょうか?

おそらく様々な推測を元にしてブロックを組み立てて何かを作ることができるはずです。

何の変哲のないブロックを組み合わせることで様々なものを表現することができますよね。

そうなんです。

人間はパーツを組み合わせて1つの大きな何かをイメージする力を誰しもが持っているのです。

安定を重視してきた企業ほど実は不安定

この記事を見てください。

実は名だたる大企業こそがAIによるリストラに脅かされていることがわかります。

このように数多くの従業員によって行ってきた業務のほとんどが近い将来AIによって自動化されてしまうからです。

現代の工場の自動化はかなりの速度で進んでおり人の手を使わなくても製品は製造することができるようになってきています。

それどころかメガバンクや損害保険会社ですらAIによる自動化が加速してきている昨今。

窓口業務のような定型で片付くものはほとんどが自動化されていくでしょう。

IT業界はオワコンにならない

このように従業員の数だけが多く人の手による作業がAIに置き換えられてしまう企業は常にリストラに怯えるしかありません。

しかしながら、IT業界はオワコンになることはないのです。

先ほどの理由から根本的に自動化することが難しい業種ですし、正社員であってもフリーランスであっても働き方を柔軟にすることができます。

また基本的な給与が高く下がりづらいという特徴を持っており、仕事もなくなることはないので廃れることはありません。

それどころかAIプログラミングといった別の需要が生まれますから、もっともっと給与が上がっていく可能性すらあるわけです。

衰退する業界から抜けだそう

もう年功序列の時代は終わりました。

若いうちに薄給だったとしても20年も耐え忍べばそれなりのポジションをもらえ、定年までゆったりと勤め続けられる会社はなくなりました。

衰退している業界で安月給で働き続けても未来がありませんよ。

20代で稼げないのは当たり前なんていう時代はとうの昔に終わってしまい、IT業界であれば20代で600万、700万稼ぐ若者は珍しくないのです。

「稼げるといってもフリーランスでしょ? 安定してないよね。住宅ローンとか難しいしさ」

そのように言われることもありますが、私は正社員で勤めながらフリーランスとしても働けているので不安定といった言葉とは無縁です。

また、フリーランスに専念している友人はローンなどに手を出さなくても現金でマンションを購入したりと、裕福な生活を送っています。

自由を手に入れよう

未来のない仕事にしがみつくのではなく、未来のある仕事を手に入れませんか?

IT業界ほど安定して幸福度が高く未来のある業界は他にはありませんよ。

完全初心者でも3ヵ月でプログラミングを学び年収600万達成できる方法 年収600万を目指すエンジニアにおすすめのプログラミングスクール3選