仕事にいきたくない人は「会社を利用するスキル」を使うと楽になる

「会社に行きたくない……」

「仕事が辛い」

「朝起きると胃が痛い……でも、休むと治る……」

「めちゃくちゃ疲れたし、仕事したくない」

朝から憂鬱で、このように考えてしまうことありますよね。

本記事では、こうした「仕事に行きたくない」と感じる人がどうすれば楽になるのかをお教えしています。

本記事の内容

  • 会社に行きたくないときは原因を考えるべき
  • 会社を上手く利用するとはどういうことか
  • 会社を利用できるようになれば仕事は苦痛でなくなる

この記事を書いた私は、エンジニア歴は10年以上。

現在は、正社員として年収1000万を達成しつつ、副業でも数百万を稼げるようになりました。

今となってはこのように稼ぎつつ半ば自由に働いている私ですが、過去にはあなたと同じように「会社に行きたくない」と感じること、もちろんありましたよ。

そこでどのようなことをしたら楽に生きられるようになったのかをお教えします。

会社に行きたくないときは原因を考えるべき

仕事というのは多くの人が何十年も続けるものです。

高卒だから、大卒だから、院卒だから、といっても数年しか変わりませんよね。

多くは20代から定年となる60歳まで働かなければなりません。

最近では、年金の受給年齢が65歳に引き上げられることもあり、65歳まで働き続けなければならないこともあります。

そうなると、40年近くは働かなければならないわけですよね。

もしあなたがたった今、仕事に対して苦痛を感じているとしたら、あと何十年も苦痛に耐え続けるなんて耐えられないと感じたかもしれません。

この苦痛にあと何十年も耐えなければならないだ、とは思わずに少しだけ話を聞いてください。

仕事は今の仕事だけではない

ここで考えてみて欲しいのが、仕事は今あなたがやっている仕事だけではない、ということです。

世の中には様々な仕事がありますし、通勤の途中で疲れた表情をした人を数多く見るかもしれませんが、その中でも生き生きとしている人もいる筈。

また、夕方の5時くらいに街にを歩いてみると意外と楽しそうに街を歩いている人を見かけることに気がつくのではないでしょうか。

まずは、そうした人生を楽しんでいる人とあなたの違いは何かを考えてみましょう。

あなたが仕事に行きたくない原因とは?

あなたが「仕事に行きたくない」という感情を抱くとき、何かしら理由がある筈です。

例えば、「給与が安すぎて欲しいものも変えない」「長時間労働で自分の時間がない」「単純作業に疲れた」「やりがいがまったくない」「上司が嫌い」というように、あなたの心にストレスを与えている原因が必ずあります。

しかし、こういった原因というのは我慢して耐えていても改善されません。

給与は我慢していても上がっていくとは限りませんし、単純作業の仕事内容が急に変わったりもしなければ、何もないところからやりがいが生まれてくることもありません。

上司など人間関係の場合は耐えていれば異動によって変わることもありますが、次に来る人が良い人であるとは限りませんよね。

では、こういった人はどうするべきでしょうか?

その答えはあなたが持っておらず人生を楽しんでいる人が持っているスキルを身につけることです。

人生を楽しんでいる人が持っているスキルとは?

では、人生を楽しんでいる人が持っていて、あなたが持っていない身につけるべきスキルとは何か?

それは「会社を利用するスキル」です。

今のあなたは「会社に利用されている状態」だから辛いのです。

では、「会社を利用する」というのがどういうことか解説していきますね。

今のあなたは会社から搾取されている状態です。

それは労働力として雇用されている状態、すなわち時間を切り売りしているわけです。

しかし、あなたにいくらでも稼ぐための選択肢があったらどうでしょう?

自分で稼げるようになると、あなたが会社を選ぶことができるようになり、すなわち働き方を選ぶことができるようになります。

これができれば先ほどの問題はほとんど解決します。

職場に問題があるならもっと条件の良い職場に変えれば良いですし、同じ職場でもあなたに発言権が生まれるため待遇が改善される可能性が非常に高いからです。

ミニマムライフコストを考えよう

人生を自由に生きるためには「ミニマムライフコスト」という考え方が必要です。

あなたが1年間生活する上で、最低限必要なランニングコストはいくらか?

あなた一人、もしくは家族が健康的に食事をし、快適に眠れ、余暇を楽しむにはいくら必要なのか。

それさえ把握しておけば、あなたがどんな状況でもそれだけ稼げるようになるだけで自由に人生を生きることができます。

まず月に5万稼げるようになろう

とはいえ、いきなりミニマムライフコストが稼げるスキルが身につくわけでもありません。

物事にはステップが必要ですので、まず月に5万稼げることを目指しましょう。

5万稼げるようになれば、あとは同じようにするだけで10万、20万、30万と稼げる額を増やしていくことができるからです。

自由に人生を生きるためにいくら必要なのか目標を持ち、まずは月に5万からはじめてみる。

それだけで、あなたが目指す自由な人生にグッと近づきますよ。

月に5万稼ぐ方法とは?

月に5万稼げ、さらに伸ばしていける稼ぎ方として方法はいくつもありますが、私はプログラミングをおすすめしています。

プログラミングであれば誰にでも習得でき、継続することも難しくありませんし、時間に追われない生き方に最も近いスキルだからです。

ここで勘違いしてはいけないのが「会社を利用するスキル」そのものがプログラミングスキルではないということ。

プログラミングスキルはあくまでも手段に過ぎません。

あなたが「プログラミング」という手段で稼げるようになることで、人生に無数の選択肢が生まれるのです。

プログラミングの具体的な学習方法は、以下の記事を読んでくださいね。

Web開発をマスターするには?初心者でも簡単にできる勉強方法まとめ

会社を利用するスキルとは?

「会社が楽しい」という人と「会社が苦痛」という人の大きな違いはどこかわかりますか?

それは、「会社をうまく利用できているかどうか」なのです。

会社をうまく利用するために必要なのはあなたに選択権があるかどうかだけ。

すなわちあなたが「稼げるスキル」さえ持っていれば、会社はあなたの時間にではなく、あなたのスキルにお金を払ってくれるようになります。

会社のお金はどれだけ使ってもあなたの財布は傷まない

あなたも今まで何回かは会社のお金でご飯を食べたことがあるのではないでしょうか?

よくあるのが新年会や忘年会、あとは会社主催の飲み会、社員旅行などもあるかもしれません。

これらのイベントは会社がお金を出してくれて無料で飲み食いできますよね。

もしこのように「会社のお金を使って飲み食いすること」が自由に行えたらどうですか?

また、「出張」や「研修」も会社のお金でいけるものですが、あなたの行きたい場所に出張にいけるようになったり、数十万もするようなあなたの好きな研修に申し込めたりしたらどうですか?

あなたのお金を使わずにあなたのやりたいことを実現できるということになりますよね。

これが、今回お伝えしたい「会社を上手く利用する方法」です。

あなたがもし美味しい食事を食べようと思えばそれだけで1万円くらいかかるでしょう。

東京から大阪へ旅行したいとなれば、新幹線代とホテル代だけで4万から5万はかかります。

研修も10万や20万もする研修にいくとしたら自腹は辛いですよね。

でも、会社が払ってくれればあなたは1銭も支払う必要がありません。

あなたが稼げるスキルさえ持っていればこれくらいのことは容易にできるようになります。

私も本業の会社では遠方のイベントに参加するために「出張」したり、個人ではいけないような高額の専門スキル習得のための「研修」に参加したり、情報交換のための他社の社員と「会食」したりして、うまく会社を利用しています。

これもすべて私が「時間」と「給与」を引き換えにするのではなく、「スキル」に「お金」を支払ってもらっているからこそできることなのです。

このように「会社」を「あなたの人生を豊かにするための道具」にするだけで、働くのは楽になりますよ。

最後に

会社に行くのが辛いと感じたら「会社を利用できないか?」ということを考えるようにしましょう。

ただし、何のスキルも無いと会社を利用することは難しいので、まず「稼げるスキル」を身につける必要があります。

私も仕事は苦痛なタイプでしたが、未経験でIT業界へ飛び込みプログラミングを身につけることで、圧倒的に自由な生き方ができるようになりました。

会社が辛いという毎日を送っている方が少しでも減ることを祈っています。

Web開発をマスターするには?初心者でも簡単にできる勉強方法まとめ