誰でも簡単に人生をイージーモードに変える方法【プログラミングで】

企業勤めのサラリーマンは辛いですよね。

定年まで働くことを余儀なくされ、それでいて雀の涙の退職金や年金での老後を過ごさないといけないことがわかっている未来。

何のために働いているのか、何のために生きているのか分からなくなっていませんか?

そんなあなたのために本記事では「プログラミングで人生をイージーモードに変える方法」をお教えします。

プログラミングで人生を変えた方に話を聞くと「この方法はチート(ズル)だ!」なんてことも言われますが、人生の色々な面倒なことをショートカットできるだけであって決して犯罪とか悪いことではないので安心してくださいね。

私自身も新卒で印刷会社に入社してわずか1年で退職。その後はプログラミングを学び、本業の傍ら副業で簡単にお金を稼げるようになりました。

簡単にお金を稼げるようになると仕事は楽しくなります。

なぜなら、やりたくないことをやらなくてもよくなり仕事を選ぶことができるからです。

今回はそのような実体験を元にお話をさせていただきます。

プログラミングが人生に与える影響とは?

プログラミングが人生に与える最大のメリットを一言で言ってしまうと「いつでもどこでも仕事ができるようになること」です。

いつでもどこでも仕事ができるなんてハードワークとか、ワーカホリックとか嫌なイメージを持つかもしれません。

ですが、実際には逆です。

プログラミングというのは本来人間がやるべきではない長時間労働を効率よく行うために生まれたものです。

ですから、いつでもどこでも仕事ができるようになるということは、結果的に短時間で仕事ができるようになるのです。

仕事で必要な時間の大半は無駄なものであって、それをプログラミングによって効率化することで無駄な時間がなくなるからですね。

朝の満員電車に詰め込まれて終電まで働くような働き方から脱出できるということですよ。

プログラミングの勉強は簡単です

エンジニアというと天才肌しかできないようなイメージを持っていないでしょうか?

マイクロソフトを創業したビル・ゲイツなんかも天才プログラマーとして有名ですね。

しかし、多くのエンジニアは天才型ではなく努力型なので安心してください。

今では1時間程度で数万円の仕事が終わらせられる私も、最初のうちは単純なコードを打ち間違えなどで3時間無駄にしたり、といった情けない時期がありました。

今では考えられないくらいの程度の低さでしたが、そこからレベルアップするにはそれほどの時間はかからなかったのです。

大切なのは頑張りを継続することで、今では企業から安定的に仕事をもらえるようになれました。

最初に大切なのは勉強と実践

プログラミング初心者にとって大切なのは勉強と実践を繰り返すことです。

私の例で言うとプログラミングを独学しつつ、自分でブログを立ち上げてみたり、知人の会社を手伝ったりしました。

勉強でインプットして実際にアウトプットする。

このサイクルが非常に重要で、とにかく学んだことは何かしらやってみるということを忘れないでください。

どんなに素晴らしい技術書を読んで得た知識でも使わなければ宝の持ち腐れです。

私がプログラミングを始めたときは土日は1日中プログラミングをするようにしていました。

家でやっていると集中できないので朝から喫茶店にいって珈琲1杯で夜まで勉強するといったようなスタイルを3ヶ月ほど続けたのです。

大変そうに思えるかもしれませんが、カフェで勉強することになれておくと「どこでも仕事ができる」ようになりますし、将来の何十年が自由になることを考えれば3ヶ月くらいの努力はなんてことはありませんよ。

たった3ヶ月頑張るだけで残りの人生が楽になるのであれば見返りとしては十分すぎますよね。

勉強のモチベーションを保ち続ける方法

ただ何も目標を持たずにプログラミングを頑張るのは本当に辛いです。

私がおすすめすることとして具体的な数値目標を設定することです。

例えば「プログラミングで月に100万稼げるようになる」なんていうのはどうでしょうか?

そんなに稼ぐのは無理でしょ、なんて感じるかもしれませんがハッキリ言って楽勝です。

ただ、最初からこの域に達するのは難しいので初心者であれば「月50万稼ぐ」ことを目標にしてみてください。

プログラミングで人生をチートする方法?

プログラミングで人生がチート(ズル)できると聞いて、どんなイメージを持つでしょうか?

もちろんSF映画のように記憶や能力を書き換えたりできるわけではありません。

プログラミングがあなたの人生にもたらすチートとは即ち「自由」を獲得できるということです。

私の知り合いには正社員をやめてフリーランスになったエンジニアがたくさんいるのですが、彼らの多くはノマドワーカーとして働いています。

ノマドワーカーというのは、ノートパソコンやスマートフォンを使いこなし、ネットワーク環境があるところであればどこでも仕事をする人たちのことを指すのですが、ある友人などは各国を旅行しながらノマドワークする人生を生きています。

普通のサラリーマンには想像ができないような生き方ですよね。

海外を旅するというとお金がかかるように感じるかもしれませんが、この友人はアジアの物価の安い国を旅しているのでほとんど生活費がかかっていません。

それでいて高単価の日本の仕事を受注しているため、お金が貯まって仕方がないそうです。

このように人生の生き方そのものを変えてしまえるくらいの力がプログラミングにはあります。

1つの会社にしがみついて定年までガマンし続ける生活をしなくてもよくなりますし、20代、30代で信じられないような高収入を得ることだってできるわけです。

プログラミングの具体的な学習方法

もしあなたもプログラミングを身につけてこのような生き方をしたいのであれば是非この記事を参考にしてみてください。

完全初心者でも3ヵ月でプログラミングを学び年収600万達成できる方法

プログラミングで人生がイージーになったら

プログラミングで人生がイージーモードになったら本当に楽しいですよ。

私自身もプログラミングを学んで人生を変えた口なので周囲の仲間も同じようなエンジニアが多いです。

みんな手に職があるので生活には苦労していないですし、年収も高く、老後の心配もないといった悠々自適の生活を送っています。

このような話をきいてあなたはどのように感じたでしょうか?

どうせ自分には無理

私がこの話をすると「どうせ自分には無理なんで」といって羨ましがるだけで終わりの方が結構居ます。

しかし、プログラミングを始めるのに遅すぎるということはありません。

学び始めるのは今からだって十分間に合いますよ。

プログラミングにセンスは必要ありません。

かけた学習時間に比例して知識が増えていく職種だからです。

増えた知識を使って実践すればそれはスキルとしてあなたの身になります。

「今からプログラミングなんて絶対に無理だよ」と言ってくるような人も居ますが、このように誰かに笑われるようなことを心配しないでください。

あなたが努力することを笑う人がいたら、あなたの力で稼げるようになって自由な人生を手に入れて見返してあげればいいんです。

また、新しいことをはじめると交友関係も変化しますから仲間が増えていき気にならなくなりますよ。

嫌な上司の機嫌を取る必要もなくなりますし、毎朝会社に行くのが憂鬱なんてこともなくなり、ストレスフリーの人生を歩むことができます。

当たり前のことを言うようですが、人生を変えるには小さな変化を積み重ねなければいけません。

こんな私にだってできたのですからあなたにだってできますよ。

まずは小さな一歩を踏み出して見ましょう。

気がついたら自由な人生が目の前に広がっていることに驚きますよ。