完全初心者でも3ヵ月でプログラミングを学び年収600万達成できる方法

こんにちは。

独学でエンジニアになり月に100万以上稼いでいるノブキといいます。

このページにたどり着いたあなたはプログラミングの勉強を始めたいと考えているのではないでしょうか?

なんといってもエンジニアは安定して稼げるうえに高収入な職業ですからね。

でも、これからプログラミングを頑張りたい気持ちはあっても、いったいどこから手をつけたらいいのかわからなくて困っているはず。

このページでは「プログラミング学習の手順がわからない」「具体的で効率的な学習方法を教えて欲しい」という疑問に答え、完全初心者でも3ヵ月で簡単にプログラミングを学べ年収600万に達成できる方法をお教えしています。

本記事を読むとわかること
完全初心者でも3ヶ月でプログラミングを学べて年収600万以上稼げるようになる方法

プログラミングの勉強の始め方

プログラミングを始めるためには次の流れを理解することが大切です。

  • STEP.1
    具体的な目標を立てる
    プログラミングで月に〇〇円稼げるようになる
  • STEP.2
    環境を用意する
    パソコン(WindowsかMac)を用意する
  • STEP.3
    基本を理解する
    プログラミングが何かを理解する
  • STEP.4
    学習の流れ
    基礎を学びサイトやアプリを作れるようになる
  • STEP.5
    実践
    就職するかフリーランスになる

では一つずつ丁寧に解説していきますね。

本記事では「これからプログラミングを習得したいけれど、どうしたらいいかわからない」という方に向けて書いているので完全初心者でも安心して読み進めてください。

この記事を読むことで「プログラミング学習の目標設定から具体的な始め方、効率の良い学習方法、そしてその後の稼ぎ方」までをイメージすることができるようになります。

「つまらない会社でつまらない仕事をして一生を終えるなんて絶対に嫌だ」と感じていた私の人生を変えてくれたのがプログラミングです。

私は昔から飽きっぽい性格で何事も長続きせず、学校でも赤点で追試ばかりでした。

こんな私にもできたのですから、あなたにも必ずできますよ。

それでは、さっそく一緒に見ていきましょう。

具体的な目標をたてよう

まず始めに考えなければいけないのが具体的な目標を立てるということです。

何も考えずに「プログラムを学ぼう」としてもゴールが見えなければ頑張ることが難しいからです。

人によっては「アプリをつくってみたい」「ゲームをつくりたい」というような目標を持っている方もいますが、何となく何かをつくりたいという気持ちではゴールがイメージできません。

一番良いのは「プログラミングを学んで月に最低50万くらいは稼げるようになろう」といった具体的な数値目標を持つことです。

プログラミングは人生を楽にするための道具なので、道具を上手く使えるようになって人生を楽にしようという気持ちで目標を設定してください。

最初の目標金額はいくらが妥当?

最初のゴールは簡単に手が届くものにしましょう。

おすすめは「プログラミングでまず月5万稼げるようになる」というゴールです。

「月に5万も稼ぐなんて難しいよ」と思いましたか?

実はプログラミングで5万稼ぐのは誰にでもできます。

プログラミングで月5万稼ぐのが簡単な証拠

では、こちらをご覧ください。

これはランサーズと呼ばれるフリーランサー向けの案件依頼ページです。

プロジェクト報酬が50,000~100,000円になっているのがわかるかと思います。

このようなLP(ランディングページ)コーディング案件ですと、Webサイトのたった1ページを制作するだけで5万から10万円もらえるわけです。

ランディングページって何だろうと思ったかもしれませんね。

これはユーザーがGoogleの検索ページの広告などから飛んでくる商品紹介のページのことです。

ある特定の商品の紹介に特化したページだと考えてください。

私は開発経験5年ですが、これくらいなら2時間もあれば完成できます。

すると、この仕事を最低額の5万で受注したとしても時給2万5千円になるわけですね。

時給2万5千円なんてありえない、この仕事が特別なんじゃないかと思いませんでしたか?

では、次の案件を見てください。

この案件はスマホ対応していないサイトをスマホ対応させるというお仕事です。

プロジェクト報酬のところをご覧いただけましたか?

既にあるサイトをスマホに対応させるだけでさえ50万から100万にもなるのです。

サイトのページ数にもよりますが、こうした仕事は慣れてしまえば一週間もかからずに終えることができるようになります。

サイトの開発は継続案件として継続的に仕事を貰えたりするので、単発で仕事が終わりというものではないのもオススメできる理由です。

このような案件は数えきれないほどあり、プログラミングができるだけでこんなにも簡単に稼げるようになるのです。

エンジニアとして経験を積んでいけばもっと単価の高い仕事を受注することもできるので、月に何百万も稼ぐことも夢ではありませんよ。

しかもこれらの仕事の良いところは自宅作業でも大丈夫ということです。

私が個別に仕事を紹介しているエンジニアも20代で月収50万という子が多くなっていますね。

普通のサラリーマンであれば月収50万稼ごうとしたら大変じゃないでしょうか?

しかし、エンジニアがこれくらい稼ぐのはIT業界の常識となっていて、これから需要があるスキルを身につけ、伸びていく業界で働くのが一番だということがわかりますよね。

開発できる環境を用意する

初心者の方からよくある質問として「何を買えばプログラミングが始められるんですか?」というものがあるのですが、もちろんパソコンが必要ですしそれも何でも良いというわけではありません。

オススメは価格帯として最新かその一個前の15万から20万のノートPCを購入することです。

調べてみたけどどれを買うか決められないという人にオススメなのが、MacBookProの13インチです。

≫ MacBook Proを購入する

いきなりMacと言われてビックリしたかもしれません。

そして、15万円なんて大金ないと思われたことでしょう。

しかしながら、プログラミングができるようになってしまえば先ほど言ったようにかけたお金はあっという間に取り戻せますからまず問題ありません。

プログラミングをするためにはある程度のパワーがあるパソコンが必要になりますし、持ち運びができるノートPCを購入するのがベストです。

ただし、既に新しめノートPCを持っている人は無理して買う必要はありませんし、Macを持っていない人に「Windowsでもプログラミングできるでしょうか?」と聞かれることもありますが、基本問題ありません。

しかし、世の中で稼いでいるエンジニアはMacを使っていることも事実です。

MacBook Pro 13がおすすめな理由

エンジニアが利用するパソコンとしてMacは定番となっており、その中でも「MacBook Proの13インチ」がおすすめな理由は次の通りです。

MacBook Pro 13インチがおすすめな理由

  • Macにはプログラミングをするためのアプリが充実しているし、いざとなればWindowsも動く
  • MacならiPhone(iOS)向けのアプリを作成することができる
  • MacBook Proはプロユースのため、CPUやメモリのスペックが高く画面サイズ広く使え持ち運びできる

このようにMacは非常に優れた開発機なのです。

お金が厳しいなら無理をしないこと

MacBook Proの13インチはエンジニアを目指す人には最適の機種で、これさえあれば他には何もいらないというくらいですが、それでもお金がかけられないということありますよね。

実はAppleは12回の分割払いでも金利が0%で済むので月々1万ちょっと出せば購入することができます。

それも難しいという場合は既に持っているPCで3ヵ月頑張ってみて、MacBook Proを購入するお金を稼ぐという方法もありますから無理をしないでくださいね。

プログラミングの基本を理解

ここまでプログラミングの素晴らしさをお伝えしてきましたが、そもそも「プログラミングってなに?」という疑問を持っているのではないでしょうか。

プログラミングという仕事をわかりやすいように説明すると「パソコンに命令を出して思い通りの結果を出す」という仕事です。

プログラミングをするためにはプログラミング言語を利用するわけですが、それがどういうことかというとパソコンに通用する「言語」を使ってあなたがパソコンに指示し、思った通りの仕事をさせるということです。

日本人に指示をするためには日本語を使いますよね。それと同じようにパソコンにはパソコンが理解できる機械語を使って指示をする必要があります。

しかし、この機械語を人間が直に話すことが難しいため人間にも理解しやすい「プログラミング言語」というものを使ってパソコンにしてほしいことを伝えるのがプログラミングというお仕事なのです。

おすすめのプログラミング言語は何?

この質問は毎回聞かれるのですが、一番のおすすめは簡単に身につけられて求人数が多く得られるお金が高くなる言語です。

せっかく身に着けた言語も仕事がなければ役に立たないですよね。

それではプログラミング言語別の年収ランキングを見てみましょう。

こちらは2018年最新のプログラミング言語別の年収ランキングですが、1位は「Go」で多くの人が600万円、最大の人は1600万円ももらっていることがわかります。

しかしながら気をつけるべきところとして、求人数がそこまで多くないということも見るべきでしょう。

そして、Goでもプログラミングはできるのですが非常に難易度の高い言語となっています。

では、求人数が多いのは何でしょうか。

3位のPython(パイソン)、7位のRuby(ルビー)、10位のC(シー)ですね。

これらのデータと実際に私が仕事に利用して稼いでみた経験に基づいて私が最もおすすめする言語はPythonです。

PythonはWeb系で主に使われる言語ですが、Webだけではなく様々なものを作ることができますし元々が教育用の言語なので非常に学びやすい言語となっています。

Pythonを最もおすすめする理由

  • Web系の開発で利用できるだけではなくゲームやアプリにも使えるなど幅広く使える言語である
  • 元々が教育用に作られた言語なので完全初心者でも理解しやすい
  • 需要が多く仕事に困らないうえに単価が高いので年収が高くなる

アプリ開発の言語はどうなの?

iPhoneやAndroidで自分の思ったようなアプリを作ってみたい、ゲームを作ってみたいと考える方もいるでしょうが、それでも問題ありません。

簡単に習得できて稼ぐことができて利用価値の高い言語を選択することも大切なのですが、それよりも大切なのが継続することなので、興味を持ち続けられる分野に挑戦するのであれば是非そちらに挑戦してみてください。

これからiPhoneやAndroidがなくなることはありませんし、アプリ開発は時間がかかるもののWeb開発よりも単価は高くなりますので最終的に同じくらい稼げるようにもなります。

この記事では「Web系のエンジニアになり安定的に稼ぐことで自由になる方法」を書いていますが、アプリ開発でもWeb開発でも基本的な考え方は変わりません。

ですので、心配せず読み進めてくださいね。

先ほどの年収ランキングでいうとアプリ系の言語は「Kotlin(コトリン)」「Swift(スウィフト)」が代表的なアプリ開発の言語です。

年収も見劣りするものではないですが、案件数が少なくなってしまうのが難点です。

両者を比較するとSwiftのほうが案件が多いので、Swiftを選択するとよいでしょう。

Swiftを利用することでiPhoneアプリが作れますし、Kotlinを利用することでAndroidアプリが作れるようになります。

実際の学習の流れ

では、早速基礎的な学習の流れを紹介し、Webサイトやアプリを開発できるようになっていきましょう。

プログラミング学習の手順は非常にシンプルです。

プログラミングの学び方

  • 基礎的な構文を憶える
  • サンプルのWebサイトやiOS/Androidアプリを作ってみる

ビックリしましたか?

たったこれだけです。

どんな難しいことが待っているのではないかとドキドキしていた人もいるかもしれないですが、たったこれだけなのです。

学ぶために大切なたった1つのこと

基礎的な構文を憶える→自分で手を動かしサンプルのサイトやアプリを作る、本当にこれだけです。

Webサイトを作りたいのであれば、HTMLとCSSの構文を一通り憶えWeb上の記事や参考書、動画、オンラインでのコースを元にしてその通りに手を動かしてみるだけでサンプルのサイトができあがります。

ある程度流れがわかって理解が深まってきたら、あなたなりのサイトを作ってみるだけです。

もちろんこれだけではショッピングサイトのような動きが必要なサイトを作ることはできないので、PythonのようなWebアプリを作れる言語を学ぶ必要がありますが、Pythonであっても構文を憶えサンプルを作り、あなたなりの何かを作ってみるだけで同じように身につきます。

信じられないくらいシンプルに感じるでしょうが、本当にこれだけです。

それでは、実際に私がプログラミングを身につけた方法を深掘りしてお教えしますね。

参考書で簡単かつ効率的に学習する方法

基本的には次の手順で学習してください。

  • STEP.1
    参考書を一通り読む
    理解度は30%程度で構わないので参考書を一通り読みましょう。
  • STEP.2
    再度読み直す
    参考書を一通り読むと書き方や構文、使い方などが分かってきますので、
    再度読み直して参考書に書いてあるコードを書き写しましょう。
    この行動を写経と呼びます。理解度は50%いかないくらいで問題ありません。
  • STEP.3
    さらに読み返す
    3回目に読み直すのは面倒かもしれませんが、おさらいとして読み直してみてください。
    参考書によっては課題がありますので、それを解いてみるとなお良いです。
    理解度が80%以上あれば読み直さなくても大丈夫です。

とはいっても参考書がたくさんありすぎてどれを読んだらいいのかわかりませんよね。

私がおすすめするたった1つの本が「独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで」です。

プログラマ初心者でもこの本を読むだけでバランスよく様々なことを学ぶことができますよ。

動画で簡単かつ効率的に学習する方法

プログラミングの参考書って分厚いですよね。

また活字を読んでいくなんてつらい、眠くなるといったこともあると思います。

そんなときにおすすめなのが動画でのプログラミング学習です。

動画での学習サイトは数ありますがその中でもシリコンバレーで生まれたUdemyが鉄板で最強です。


米国のシリコンバレー発祥ということで難しそうに感じるかもしれませんが、完全日本語対応ですから安心してくださいね。

そして、シリコンバレーの年収相場を知っていますか?

シリコンバレーでは、ある程度の経験を積んだソフトウェアエンジニアの年収は3000万円に簡単に達します。

日本では信じられないことでしょうが、これが現実です。

では、動画を使った学習方法をお教えしますね。

  • STEP.1
    まず動画を見ながら書く
    Udemyの講座は「一緒に書いてみましょう」という流れが多いため、動画を見ながら一時停止を使いつつ、実際にコードを書いてみてください。
  • STEP.2
    動画と同じ結果になるか確認する
    動画はかなり丁寧に書き方を教えてくれますが、慌てていると手順を飛ばしてしまったりして違う結果になってしまうことがよくあります。
    慌てずに巻き戻しをして同じ結果になるまで修正をしてみてください。
  • STEP.3
    同じように動いたらアレンジする
    動画と同じ結果になったら今度は数値や文字を変えたりロジックに手をいれてあなたなりの動作を加えてみましょう。

参考書と違って目の前に同じ結果が再現されるので非常にわかりやすいのが動画の特徴です。

「動画の真似をしながら書いて同じものを作っていく」というのが基本になりますが、真似をするだけだと応用がきかなくなるため、時折あなたのアレンジをいれていくことが大切になります。

学習サービスで効率的に学習する方法

参考書や動画の他にオンラインでの学習サービスを利用する方法があります。

最もおすすめなのが集中的な8週間のマンツーマン訓練で、最先端のAIエンジニアを目指す
をうたい文句にしているAidemy(アイデミー)ですね。



AIというのは人工知能のことですが、Aidemy(アイデミー)ではPythonを使って今話題の「ディープラーニング」「データ分析」「強化学習」といった内容を含んだWebアプリを作成できるようになります。

参考書や動画と違って学習サービスは特化型のスキルを身につけることができるため、年収をあげていきたい人には特におすすめの学習方法となっています。

どの言語をどの順番で学ぶ?

最初に学ぶべき言語としてはPythonであることをお教えしましたが、その次に学ぶとしたらJavaScript(ジャバスクリプト)がおすすめですね。

Webサイトの見た目を作成するためにはHTML(エイチティーエムエル)やCSS(シーエスエス)を学ぶのですが、これらをよりダイナミックに動かそうとするとJavaScriptの知識は必須となってきます。

もしあなたがアプリの開発を目指しているのであれば、Swift(スゥイフト)でiPhone(iOS)のアプリ開発が行えるようになるため、次に学ぶべきはAndroidの開発ができるKotlin(コトリン)が鉄板でしょう。

複数の言語を学んでおくことで様々な状況に対応できるようになるため、親和性の高い言語を選んで学習をしていきましょう。

通うスクールはどうなの?

最近は自宅で学ぶ方法も充実してきていますが、昔ながらのスクールに通うタイプの学習方法もあります。

結論から言ってしまえば「仲間と一緒に頑張りたい」のであればスクールはおすすめです。

実例を見ているとプログラミングスクールに通わなくてもエンジニアにはなれるのですが、一人ではモチベーションが維持できない、自分がどれくらいの位置にいるのか不安という方がいるのも事実で、仲間を作りたいというのであればプログラミングスクールはおすすめの手段となります。

独学だと心配、自分の部屋だと集中できない、仲間同士で切磋琢磨し刺激を与えあいながら勉強していきたい、そういう思いがあるなら是非スクールに通ってみてくださいね。

おすすめは未経験にも懇切丁寧に教えてくれ、かつ無料体験会もある【TECH::CAMP(エンジニアスクール)】
になります。


就職かフリーランスか?

プログラミングを習得したらいよいよ実践となりますが、実際に行動することが何よりも大切となります。

習得したといってもどれくらいの期間勉強すればいいのか疑問に感じるかもしれませんが、プログラミングの学習期間は3ヵ月もあれば十分です。

1年とかかけると心が折れてしまうだけなので無理をしないでくださいね。

3ヵ月でどれだけ学べば大丈夫?

この3つができるようになればWebサイトの仕事は難しくありません。

3ヵ月で学ぶべきこと

  • HTMLとCSSを使ってWebサイトの見た目を作ることができる
  • JavaScriptを使ってWebサイトをダイナミックに動かすことができる
  • Pythonを使ってWebサイトの裏側を作ることができる

現時点だと意味が分からないでしょうが、学習を続けるうちに何を言っているのか自然にわかるようになりますので心配しないでくださいね。

就職するかフリーランスになる方法

スキルを身に着けたら就職するかフリーランスになるかを選ぶことになりますが、方法が少し違いますので別々に説明します。

就職する場合

職歴がないと難しいという会社もあるため、未経験OKの会社へエントリーしてください。

その際に面接でエンジニアとして勉強してきたことを存分にアピールする必要があります。

動くWebアプリなどを実力を示すために提出すると書類選考や面接を通りやすくなります。

フリーランスになる場合

フリーランスは自分で仕事を見つけなければならないので情報交換をするためにもフリーランスの仲間を見つけましょう。

まずは先ほど紹介したランサーズを利用して仕事を受けていくのが手っ取り早いでしょう。

不安がある場合

それでも不安な場合があると思います。

その場合におすすめなのが転職保証つきのプログラミングスクールに通うことです。

中でもおすすめなのが90%が未経験で通うのにも関わらず転職成功率が98%もあり、万が一転職できなければ返金してくれる【WebCampPRO】です。



いかがだったでしょうか?

ということで、実践的な流れとしては以上です。

ここまでを理解してちゃんと実践できれば必ずIT業界に転職できますし、高収入も達成できますよ。

よくある質問

HTML/CSS/JavaScriptを学習しPythonとDjangoでサイトを作れるようになりました。
どういったことを転職の面接でアピールしたら良いでしょうか?

面接では自己アピールを大げさでもするべきです。
サイトをサンプルで見せる他、学習した方法などを詳しく面接官に伝えてください。
嘘はあとであなたが困るのでダメですが、やってきたことをきちんと伝えるだけで「自分で努力できる人間」と判断されるのでポイントが高いです。

PythonではなくPHPを学びたいと考えてます。ダメでしょうか?

ダメではありません。PHPもかなり幅広く使われている言語ですし、このブログを構築しているWordPressのようなアプリのカスタマイズにも需要があります。
しかし、PHPのエンジニアは高収入を得にくい傾向があるため、できればPythonもあわせて学習することをオススメしています。

サラリーマンを続けながら副業としてエンジニアをやり月に5万くらいは稼ぎたいと考えてます。
お仕事の納期的に可能でしょうか?

週末や夜の時間を使えるのであれば楽勝です。
納期は仕事によりけりなので、企画段階から構想するような長い時間がかかる仕事を受けないようにしてください。

独学で勉強し就職せずにフリーランスとして生きていくのは現実的でしょうか?

十分に可能ですし現実的な生き方です。
ただし、フリーランスでも紹介会社(仲介業者)を使うと中抜きされるので手取りが下がります。
ですから、あなた自身で仕事を探す必要がありますので、同じような生き方をしている仲間を探すためにもフリーランスのコミュニティに入ることをオススメしています。

質問はいつでも受け付けていますので、気軽にお問い合わせくださいね。