おすすめのプログラミング言語は無いは嘘【現役エンジニアが教える】

プログラミングを学ぼうと思っている人は「プログラミングを始めようと思っているけど、どの言語を学んだら良いかわからない。おすすめの言語は何だろう?」といった疑問をまず抱きますよね。

間違った言語を選んでしまったらどうしよう、役に立たない言語は学びたくないな、と感じるのが当たり前の感情です。

そんなあなたに現役エンジニアが教えられることが1つあります。

結論からいうとおすすめの言語はPython(パイソン)です。

世の中には「おすすめの言語は存在しない」といった間違った情報を発信しているサイトもありますが、残念ながら間違った言語を選択してしまうと役に立たないばかりかあなたの人生自体が失敗してしまう可能性すらあります。

なぜか?

現役エンジニアの私が解説します。

おすすめのプログラミング言語は存在しないが嘘である理由

なぜならプログラミング言語というのは流行り廃りがあるからです。

プログラミング言語というと会話で使われる英語や日本語などをイメージするかもしれませんが、それよりも早いスピードで流行り廃りが訪れます。

例えば、多くの国の人が「英語」を学ぶのはどの国でもある程度のシェアがある(=使われているので通用する)からですよね。

現在世界にある会話のための言語は6000以上ありますが、そのうちの30%は話せる人が1000人以下だと言われています。

せっかく新しい言語を話せるようになっても1000人としか話せないのでは意味がありませんね。

それと同じようにプログラミング言語にもシェアがあり使える使えないということがはっきりしているわけです。

とはいえプログラミング言語はツールである

最初に私がおすすめの言語としてPythonを推しましたが、これは問題解決に使える領域が非常に広いことからです。

プログラミング言語によっては特定の領域でしか動かないものもあるのですが、Pythonは多くのハードウェアとOSで動作し、複数の領域をカバーしてくれます。

Windows、Mac、Linuxで簡単に動かせ、Webアプリやデスクトップアプリ、スマホアプリからシステム用の処理、理工学で使われる統計や解析、AIといった領域をサポートできる万能型の言語です。

Googleといった大企業まで主要言語として採用していることを考えるとほぼ最強の言語といって問題ありません。

反面、多方面で活躍できない言語はどんなものがあるでしょうか?

例えば、FORTRAN、COBOL、C言語、といったものは今学ぶ必要はありません。

これらの言語は適応できる範囲が非常に限られているだけではなく、これから未来がない言語だからです。

FORTRANの最新リリースは2008年、COBOLは2014年、C言語は2011年という有様で、ほとんど更新されないといっても過言ではありません。

しかしながら、Pythonは2018年現在でも精力的に更新され続けており、新しい分野にもドンドン対応していっています。

あなたはなぜプログラミング言語を学びたいですか?

ここまでPythonを推してきて何ですが、盲目的におすすめの言語を学んでいれば良いというものではありません。

あなたには最初にやるべきことがことがあります。

それは、なぜプログラミングを学びたいのかをちゃんと考えることです。

その際に、変に理由を飾り付ける必要はありません。

それよりもリアルな感情を大切にしてください。

なぜプログラミングを学びたいの?

  • もっとお金を稼げるようになって人生を楽にしたい
  • プログラミングを身につけて自由な暮らしを手に入れたい
  • 副業としてお金を稼ぎたい
  • プログラムができるようになってゲームを作りたい

目標といってもこれくらいで大丈夫です。

ここまでイメージがわいたら次は具体的なゴールを設定してみましょう。

稼げるようになりたいのであれば「プログラミングで月30万稼ぐ」といったもので良いですし、ゲームをつくりたいなら「テトリスを作れるようになる」といったものです。

具体的な目標が設定できましたか?

ここでよくある質問として「プログラミングで何ができるか具体的にイメージできない」というものがあります。

実はプログラミングというのは時間さえあれば何だって実現できます。

しかしながら、そう言われても戸惑ってしまいますよね。

そういう場合はプログラミングスクールの無料体験に参加してみることをおすすめしています。

実際に体験授業を受けてみるだけで何ができるのか明確にできますし、他のエンジニアがどれくらい稼げているのかを知る事もできますよ。

おすすめはTECH::CAMPか、Aidemy(アイデミー)ですね。

何事も試してみることが大切ですし、実際にやってみた人の情報を得られるのであなたの目標がより具体的に設定できるようになります。


無料でカウンセリングが受けられるので安心してくださいね。

最後に

ここまで「おすすめのプログラミング言語」についてお教えしてきましたがいかがだったでしょうか?

選択肢がたくさんありすぎるとついついスタートで足踏みしてしまいますよね。

でも、走り出さなければ前に進むことはありません。

エンジニアを目指すのであれば、プログラミングをするしかありません。

おすすめの言語を探すのは大変かもしれませんが、まずはやってみることですよ。

Pythonを選んでおけば間違いはありません。

これからPythonを学ぶ人に必須の一冊

これ一冊で初心者でもPythonの基礎から仕事に使えるレベルまで学ぶことができます。

是非手に取って試してみてくださいね。